忍者ブログ
ブログ
 31 |  30 |  29 |  27 |  26 |  25 |  24 |  23 |  22 |  21 |  20 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

尾木ママがブログに大津市のいじめ自殺問題を「いじめ練習殺人事件」と書いていました。


腹が立つのは分かるけど、この表現じゃ突き落としたとか、暴行死したみたいな印象を読み手に与えるのではないかとなんか違和感がありました。


やっぱり正確な情報を伝えるべきじゃないかな。



この大津市のいじめはどうなのかは分かりませんので、大津市の自殺した問題以外の面で思うこと。

いじめられた方は一切悪くないというのも実際のところどうなのかなとは思います。


いじめられた人は全く悪いことをしない善人というのはほぼないでしょうし、罪のない人なんかいないというのが定説です。


一般の人のコメントを見ていても自分の子供はいじめられてないか、大丈夫かが気になるというもの。

いじめていたらどうしようというコメントが少ない。

自分の子供のことは気になるだろうけど、もっと人の子とか学校の仲間のことも考えてあげたら?

またいじめそうな人をいじめに走らないよう小さい頃から気にかけてあげたら?

自分の子は気になるけど、でも他人の子は自分はしらないという感じで、自分中心の人が多い感じが。



自分はいじめられたけれども、自分は悪くない、いじめた人が許せないというもの。





でも自分は悪くないというところが傲慢だったり、改善の機会を失っていたり、自分は悪くないと思うところがKYと言われて嫌われたりしている可能性もあるのではないかとも思ったりする。

協調性がないとか、人の反応や気持ちを考える能力が低下していたりする可能性もあり、そういう状態の人が人を傷つけていないとか、反感を買うことをしていないとも言い切れない気もする。

いじめられている人もつらいでしょうが、いじめとは無関係な人も周囲に団体にと、合わせるろ努力とか苦労はしてきているはず。


気にしすぎるのはよくないけど、気にしすぎない、相手に非があって自分には非がないのだという極端な考えも良い結果にはならない気もします。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[07/19 いちごmama]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
Copyright ©  日々ブログ  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]